【書評】「やる気が出ない」がなくなる本


はるです。


「やる気が出ないから
頑張ることができない。」


こういう人たくさんいますよね。


僕も以前、やる気が出なくても
頑張らないといけない状況に
うんざりしていたことがありました。


この本にはどうしたらやる気が出るのか。
また、自分が本当にやりたいことは
どうやったら見つけることができるのか。


といったことが記されていました。


最初の一歩を踏み出したいけど、
なかなか踏み出せない。。


という悩みを抱えている人には
かなり参考になる本だと思ったので、
紹介させてもらおうと思います。



キーワードは、

自己肯定感自分軸です。

自己肯定感が低い人はできるかできないかで判断する

自己肯定感とやる気に何の関係があるの?
と疑問を抱いた方がほとんどだと思います。


しかし、この2つは密接な関係があります。


自己肯定感が低い人は、
自分に自信が持てないため、


自分の目標をできるかできないかで
判断します。


しかし、
これではやる気が出るはずがありません。


だって、やりたいことじゃないから。


今の自分にできるかできないかで
目標を決める必要なんて全くありません。


自分は将来サッカー選手になりたいのに
野球しかできないからって
ずーっと野球してても
そりゃつまらないですよね。


だから、
まずは自己肯定感を高める必要があります。


今の自分にできなくても、
「やりたいからやる」
という考え方をみにつけましょう。

自己肯定感が低い人の特徴

 

では実際にどうやって
自己肯定感を高めればいいのでしょう。


自己肯定感が低い人は、
周りの目を気にし過ぎています。


周りから認められるために
自分の行動を決めてしまいます。


だからやる気が出ないのです。

 

彼らは自分が本当にやりたいから
やっているのではなく、
周りに認めてもらうために
行動しているのです。


これが間違いだとはいいません。


しかし、
そのレベルの動機で努力しても、
辛くなるのは自分です。


やる気が出ないけど
頑張らないといけない。


自分の本来の目標とは
違うことだけど、
やらないといけない。


このような事態になってしまいます。


ではどうやって
自己肯定感を高めればいいのでしょう。


ここでやってもらいたいのが、
自分を褒めるということです。


肝に命じて下さい。
周りは関係ないんです。

 

詳しく解説していきます。

自分軸で生きろ

僕はいい意味で周りを気にしていません。
自分軸で生きています。


「自分の将来は自分で決める。」

「今うまくいってないのは自分のせい。」


これとは逆に、
他人軸で生きるとどうなるか。


「俺の将来なんてもう決まってる。。」


「うまくいかないのは環境のあいつのせいだ!」


このように認めたくないのも
よくわかりますが、
これでは成長しません。


そして周りに流されていて、
自分がやりたいことではないので、
やる気がでません。


成功者の行動パターンは「知覚動考」


まとめると、
やる気が出ない人は、
自己肯定感が低く、
他人軸で生きています。


色々難しく考えてしまうのも
わかりますが、
まずはやってみましょう。


成功者は「行動してから考える」
というパターンで生きています。


自分に正直になり、
やりたいことをやりましょう。


最初はうまくいかなくても
いいんです。


あなたが本当にやりたいことなら
少々の挫折くらい乗り越えれるはずです。


もしダメなら、
あとから考えるのです。


それで全く問題無いです。


自分のやりたいことをやらないまま
人生が終わってもいいのですか?


小さいことでもいいので
やりたいことがあるなら、
今この瞬間に始めましょう。


では。


「やる気が出ない」がなくなる本

新品価格
¥1,620から
(2019/3/13 17:43時点)



 

今だけメルマガ登録特典もらえます

18歳大学生のはるです。

僕はもともと自信がなく、何をやっても失敗ばかりの人間でした。

受験に失敗した時は、この世で自分より頭が悪い人なんて1人もいないだろう、

と本気で思っていました。

しかし、僕はビジネスを通して、経済的自立を果たしただけでなく、

自分の欲に正直に生きることができるようになりました。

ビジネスを学ぶことで人生にどんないい影響をもたらしてくれるのか。

そしてどうすれば稼げるのか。

下記の記事で公開しています。

無料でプレゼントを受け取る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です