「億男」のレビューをしてみた。

haruです。
先日、昨日公開した
「億男」を見てきました。

最近見た映画の中でも
かなり勉強になる作品でしたねー。

あらすじ

ざっくりあらすじを説明します。
弟の借金を肩代わりした
主人公「一男」が借金をきっかけに

妻と娘と別居せざるを得なくなる。
しかし、バイト三昧の生活で
明け暮れている中、
宝くじに当選する。金額は3億円。

借金返済に夢を膨らませる一男だったが、
大金を手にした人の未来は
残酷なものだという噂を耳にする。

そこで学生時代に
既に大金を手にしていた
親友の「九十九」の元を訪ねる。

久しぶりの再会に
舞い上がっていた一男は
酒で酔いつぶれてしまう。

目が覚めると、
3億円とともに九十九の姿はなかった。

一男は九十九の行方を探しながら、
愛情やお金の真の姿を突き止めていく。

という物語。

価値観の違い

この話の何が面白いって、
この映画に出てくるお金持ちは
お金に対する価値観が一般人と全く違うんです。

ただの紙切れ。
ツールとしか思ってない。

お金に囚われていないんです。

それはお金っていうのは
人や状況によって価値が違うから。

同じ1万円でも、
貧乏人にとっては大金だし、
億万長者にとっては
大した価値なんてないんです。

これって当たり前のことですよね。

価値の違いによって、
貧乏と金持ちに間で
金の使い方に差が生まれます。

お金持ちは、

・時間
・知識
・健康
・感情

にお金を使います。

映画では実際に
九十九が一男の身を守るために、
惜しむことなく35万を払う
シーンがありました。

これは「健康」に金を使った例です。

でもですよ?
「無料で道案内をするよ」
と言っていた人に九十九が騙されて、
お金を請求された時に、
彼は一銭も払いませんでした。

これから学べることは、

お金の価値を
自分で正しく決めている


ということです。

35万でも潔く払うのに、
数百円は断固として拒否していました。

これがお金に支配されてない
っていう状態です。

お金に使われていなく、
お金を使っているんです。

一男はお金に使われていました。
借金返済を第一に考えていたので、
娘をバレエの発表会の資金15万を払うのを
めちゃくちゃ渋っていました。

これは「感情」への投資です。
これはものすごく大事です。

例えば、
小さい子供が60歳のご老人と
1時間話すのは数万円の価値があります。

なぜなら、
歳をとってくると、
若い世代の人たちと関わる機会が
少なくなってくるからです。

結果的に子供との会話に
希少価値が生まれます。

子供だから
稼げないなんてことありません。

収入=価値提供の量です。

これを知らない人が多すぎるんです。
だから時給900円が
妥当だと思えるんです。

そもそも固定給であることが
この現象を招いていて、
「〜時間働いたから〜円もらえるぜ!」
っていうのは間違っています。

〜分の価値提供したんだから
〜円もらえるんです。

まあ価値提供したんだから金くれ!!
っていう姿勢は好ましくないですけどね。笑

脳への投資

話を戻します。

要するに金の使い方を知っていれば
金に使われることはなくなるわけです。

途中で出てくる、
めちゃくちゃ稼いでる人(名前は忘れましたが。)
がめちゃくちゃいいこと言ってました。

最高のコスパを誇るのは
「脳」への投資だ。

僕もこれ超共感できるところがありまして。

結局お金稼ぎたいなら、
情報に投資するのが一番早いんです。

俺は経験のみから学んで成功する!
とか言ってる人いますけど
正直クソ遠回りしてます。

いちいちしょうもない所で
失敗するのですから、
いくら時間があっても足りないです。

正しい情報を得ることは
めちゃくちゃメリットがあります。

まず失敗しにくくなります。
当たり前ですけど。
それによって
無駄な自己否定を避けることができます。

僕的にはこれが最大のメリット
じゃないかなって思います。

過去の僕は正しい情報を
得ることができなかったんです。

勉強するのも机と向き合って、
ペンでガリガリ字を書きまくるのが
正しいと思ってました。

寝る時間も惜しんで
勉強するのが正しいと思ってました。

頑張ってるのに結果が出ない。
自分には才能がないんだ。
とかいわないといけない羽目になる。
これ一番辛くないですか?

僕はめちゃくちゃ辛かったですよ。
頑張ってないなら自分が悪いんですよ。
でもちゃんと量もこなしてるし
計画も立ててるにも関わらず
全く実力がついてこない。

正しいやり方を知らないのは
自分のせいとも言い切れません。

だって全員が
成功の法則を見つけ出したら、
全員受験受かっちゃいますから。

自分の力だけでこの法則を
見つけ出すのは不可能に限りなく近いでしょう。

そんなことしてるよりも情報に
お金を払うなり、
労力で返すなりした方が、

最終的には近道になります。

しかも知識って一度手に入れたら、
無くなることはありませんからね。

どこへでも持ち運べますし。

さらに、視点やマインドが変わる。
何においても勝手に思考するようになる。

見える世界が変わるって
本当に面白いですよ。

暇がなくなります。

電車の中にしても、
歩いていても、
飯食ってても。
何でも勉強になって、
飽きないです。

だから脳への投資はコスパがいいんです。

僕は情報が一番優先順位が
高いと思っているので、
使えるお金のは情報に使っています。

お金は持ってても仕方がないですからね。
宝の持ち腐れってやつです。
使わないと増えません。

金持ちの金の使い方をパクれ

で、僕がこの映画をみて
一番大事だなと思ったのが、

金を使えれば、

金を使えるようになる




ということです。

要するに、
正しく金を使えることができるようになれば、
収入も自ずと増えるよってことです。

時間を短縮するためにお金を使い、
情報や感情、経験に投資し、
モチベに金を惜しまず使っていきましょう。

いやー、ほんとに久しぶりに
こんな勉強になる映画に出会いましたね。

もしお時間ありましたら
是非見てみてください。

では。

今だけメルマガ登録特典もらえます

18歳大学生のはるです。

僕はもともと自信がなく、何をやっても失敗ばかりの人間でした。

受験に失敗した時は、この世で自分より頭が悪い人なんて1人もいないだろう、

と本気で思っていました。

しかし、僕はビジネスを通して、経済的自立を果たしただけでなく、

自分の欲に正直に生きることができるようになりました。

ビジネスを学ぶことで人生にどんないい影響をもたらしてくれるのか。

そしてどうすれば稼げるのか。

下記の記事で公開しています。

無料でプレゼントを受け取る
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です